養蜂日記

桜の蜜が貯まってきている

山桜の下に行くと、「ブワーン、ブワーン」というミツバチの羽音が聞こえてくる。

数百、数千のミツバチたちが山桜の花々に訪れて、桜の甘い花蜜を口の中に運んでいるのだろう。

巣箱のフタを開けて、巣枠を持ち上げると、運び込まれた山桜の蜜が太陽の光に照らされてキラキラしている。

「なんて、キレイなんだ」

思わずボクは、心のなかでつぶやく。

桜の蜂蜜

右の方に見えるキラキラしているのが貯まっている蜂蜜

そうだ、そろそろ掃除蜜をしなければいけない。

掃除採蜜は、巣枠に貯まっている古い蜂蜜を取り除いて、新たな蜂蜜を貯めるために行う。

そうすることによって、これから咲いてくる桜をはじめとする春の花々の蜂蜜を貯めて、採ることができる。

水曜日以降の天気が続くときに、掃除採蜜を行う予定。

昨年に続いて、今年も桜の蜂蜜が採れそうな予感がする。

春の一番最初に採る蜂蜜は、「春一番蜜」として販売します。

今年もよろしくお願いします。

-養蜂日記

Copyright© 天然はちみつの蜂人舎 , 2020 All Rights Reserved.