西洋ミツバチの飼育方法

【西洋ミツバチの飼育方法】巣箱の清掃方法

2015年11月25日

ミツバチを飼育していくと、巣箱の外側、内側が汚れてきます。

雨によって泥が跳ねて、外側が汚れます。
内側は、ミツバチやダニの死骸などで汚れてきます。

また、病気を予防するためにも巣箱を清潔に保ちたいです。

巣箱は、春と秋の2回取り替えています。

巣箱を水で洗って天日で干します

ミツバチ巣箱の清掃

流水で、巣箱の内と外を洗います。

まず、ハイブツールで内側をガリガリ削って汚れを落としていきます。内側の角もハイブツールを使うと綺麗になります。

その後、ホースで水を流しながらたわしで内側、外側をゴシゴシ洗います。

ミツバチ巣箱清掃

洗った巣箱は、天日で干します。

ガスバーナーでプロポリスを柔らかくしてハイブツールで綺麗にします

ミツバチ巣箱清掃

巣箱の内側には、ムダ巣やプロポリスがこびり付いています。

ミツバチ巣箱清掃

こびり付いているプロポリス

ミツバチ巣箱清掃

プロポリスをガスバーナーで柔らかくします

柔らかくなったプロポリスをハイブツールで綺麗にします。

ムダ巣は、ガスバーナーを使わないでも落とせるので、ハイブツールで落とします。

プロポリスとムダ巣を綺麗にしたら、スムシや病原菌を退治するために、ガスバーナーで巣箱内部を万遍なく焼きます。

木の表面が焦げるくらいで良いでしょう。

ミツバチ巣箱清掃

-西洋ミツバチの飼育方法

Copyright© 天然はちみつの蜂人舎 , 2020 All Rights Reserved.