養蜂日記

2017年スズメバチトラップをセット 脚立に座って内検すると楽

ゴールデンウィークも今日で終わりですね。

養蜂業は、1年でいまが一番忙しいので、関係ないんですけど。

どこにも行かないのは子供が可哀想なので、なんとか時間を作って子供と一緒に遊びました。
まあ、遊んだと行っても近場です。

本当は泊りがけで旅行にでも行きたいんですけどね。

スズメバチトラップをセット

蜂場にスズメバチが飛んで来るようになりました。

いま飛んでいるのは、越冬明けの女王蜂だけです。

スズメバチの女王は、1匹だけで越冬してこれから巣作りをしていきます。

最初はたった1匹の女王蜂だけでスタートし、秋になるとあんなに大きな巣になっているのです。
スゴイですね。

それで、今の時期にスズメバチを1匹捕獲出来れば、スズメバチの巣が1つ減ることになるのです。
だから、この時期スズメバチを駆除しておくのは、大切なことなんです。

脚立に座って内検すると楽

最近、脚立に座って内検しています。

これがラクラク。
内検時の疲れが半減します。

何でもっと早く、やらなかったんだろう。

巣箱の2段目を内検する時は脚立の2段目に座って、1段目を内検する時は脚立の1段目に座ると良いです。

1段目に座るのは、ちょっときゅうくつだけど。

あと、アルミ製なので片手でラクラク運べます。

この方法、おすすめです。

今日読んで面白かった本

ヒトラーも厳格な菜食主義だったとは。

Kindle Unlimited会員なら、無料で読めます。

-養蜂日記