養蜂日記

山道の土砂崩れ

2020年3月13日

南房総においての2019年の台風被害は、ニュースやネットの情報を見ると、建物の被害が目立っていた。

屋根が飛んだ、壁が壊れた家、倒壊した電信柱、等々。

しかし、大雨による土砂崩れの被害も多い。

蜂場へ行く山道が崩れた。

蜂場へ行くときは、毎回ヒヤヒヤしながら運転していたのだが、やっと復旧工事が始まるらしい。

工事が始まると蜂場へ軽トラで行けなくなるので、その前にできることはやっておこうと毎日忙しくしている。

今日は、単箱がいっぱいになっている蜂群の継箱をしてきた。

暖冬のせいなのか、例年より2週間くらい早くミツバチの建勢が進んでいる。

急に忙しくなった。

田舎にいると過疎化を肌で感じる

10年前、蜂場のまわりでは、6人が田んぼをしていた。

でも、1人減り、2人減り、いまは誰もやっていないので、いわゆる休耕田だらけになってしまった。

周辺は、子どもは出ていって、年寄ばっかり。

空き家も年々増えている。

都会にいると感じないかもしれないが、田舎にいると人口減を実感する。

-養蜂日記

Copyright© 天然はちみつの蜂人舎 , 2020 All Rights Reserved.