雑記

エディブルフォレストを作る

エディブルフォレストを作ろうと思う。

日本語にすると、食べられる森だ。

これから死ぬまでずっと続いていく作業になるだろう。

文字どおりのライフワーク。

どんどん豊かになっていくだろう森を想像すると、ワクワクしてくる。

この森は、子どもや孫に残せる。

もしかすると、お金を残すよりも価値があるのかもしれない。

究極の自然農を目指す

東京から田舎に移住してきてから、18年くらい自然農をしてきた。

こんどは、もっと手を掛けないで野菜ができればいいなと考えている。

畝も作らず、耕さず、森の地面に種を蒔いたり、苗、果樹を植えたり、言ってみれば究極の自然農みたいなもの。

畑を作らずに、森のなかの空いている場所に転々と作物を作る。

とりあえず、やってみる。

やってみて、ダメだったらやり方を変えて行く。

まずは、江見の仕事場にある以下のものを移植する。

  • ニラ
  • ミョウガ
  • アシタバ
  • アロエ
  • ローズマリー
  • エゴマ
  • アサツキ
  • ミント

食糧危機に備える

移住してきた当時、ボクよりもひと回り若い移住者が言っていたことを思い出す。

「将来、食糧危機が来ても大丈夫なように米や野菜を作っているんです」

彼らは、お金があっても食料を買えない時代が、近い将来来るだろうから今のうちから備えていると言っていた。

いま、まさにそんな危機がやってくるような気がする。

-雑記

Copyright© 天然はちみつの蜂人舎 , 2020 All Rights Reserved.