養蜂日記

オオスズメバチの襲撃は続く、渋皮煮を作る

オオスズメバチの襲撃は続いている。

毎日、朝いちばんで蜂場の見回りをすると、オオスズメバチが大勢で群がっている箱がいくつかある。

今年は、襲ってくる期間がだらだらと長い。

早く落ち着いて欲しいところである。

午後も見回りできれば良いのだが、そんなことをしたら仕事だけで1日が終わってしまう。
そんな事はできない。

したいことがもっとあるのだ。

釣りとか、サーフィンとか、畑仕事とか、・・・。

渋皮煮を作る

鴨川蜂場の周りに、大きな栗の木が数本ある。

これは、誰かが植えたのではなく自然に生えて来たものだと、地主さんは言っている。

これこそ本物の野生の栗だ。

何も手入れをしないのだが、毎年、甘くてコクのあるおいしい栗がなる。

ほとんどをイノシシに食べられてしまうのだが、食べきれないものが残っているので、それを拾ってくる。

焼き栗、蒸したもの、栗ごはんでいただいた。

今年は豊作なので、渋皮煮も作ってみた。

手間は掛かったが、美味しいのができた。

たくさんの栗の皮を剥かなくてはいけないので、新兵器を購入した。

もっと早く買えば良かった。

良い道具があると、手間のかかる仕事も楽しくなる。

created by Rinker
諏訪田製作所(Suwada)
¥1,890 (2022/12/06 20:40:19時点 Amazon調べ-詳細)

-養蜂日記