2019年度産はちみつ販売中

西洋ミツバチの蜂球熱殺

西洋ミツバチの天敵は、何と言ってもオオスズメバチである。

大群で巣箱を襲われて、ミツバチが全滅してしまうことを何度も体験してきた。

西洋ミツバチは、果敢にオオスズメバチに向かっていくのだが、大きな牙で噛み殺されてしまう。

巣箱の前にミツバチの死骸の山ができて、全滅してしまう。

蜂球熱殺

蜂球熱殺とは、数十匹の西洋ミツバチがオオスズメバチを取り囲んで、熱で殺すことを言う。

ニホンミツバチのお家芸と言われているが、西洋ミツバチも同じようなことをしているようである。

養蜂を始めた15年くらい前も、たまに見かけていたのだが、ここ数年は見かける頻度が高くなってきた。

蜂球熱殺

オオスズメバチを取り囲む西洋ミツバチ

オオスズメバチに向かっていったときは、西洋ミツバチはたくさん死んだのだが、最近は違う。

あまり死なないで、オオスズメバチを退治するようになったのだ。

オオスズメバチ2匹が巣門前に死んでいるのだが、西洋ミツバチの死骸は10匹くらいしか見当たらない。

たぶん、蜂球熱殺でオオスズメバチは死んだと思うけど、代償はかなり少ない。

このような蜂群を見かけるようになってきたのだ。

これは、ニホンミツバチのお家芸を西洋ミツバチも獲得したのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です