飲食

マズイそば屋に入ってしまった

その日は、妻と昼ごはんでも食べに行こうとなり車で出かけて、まだ一度も行ったことが無いそば屋に入った。

車から降りて店を見てみると、落ち着いた色の壁と、まだ新しい建物。
雰囲気は良い感じで、おいしいものを食べさせてくれる期待を高めてくれる。

「ガラガラ」と入り口の引き戸を開ける。

「いらっしゃいませ」と元気の良い声。

うん、いいぞいいぞ、接客も合格。

でも、お昼時なのにお客が1人もいない。

あ、これは失敗したかも。

いままでに、外食について学んだことがある。

それは、昼食時にお客が少ない店は、美味しくないということ。

つまり、地元の人に人気がないから、ガラガラなんだよね。

旅行に行ったときは、混雑時にもかかわらず空いている店は避けるようにしている。
せっかくの旅行だから、美味しいものを食べたいからね。

今回は、これから他の店に行くのも面倒だし、そばならそんなにマズイものも出さないだろうと思ったのだ。

気を取り直して、メニューを見て、なにを食べようか考える。

メニューには、温かいのと冷たいそばが8種類づつくらいある。

そば専門店だから、生産地とか、そば粉の割合とか、こだわりとか、何か書いてあるのかと思ったけれど、何も書いてない。

うーん、困った、何を頼もう。

結局、ボクは鴨南ばん、妻はランチセットを注文した。

10分くらいすると、愛想の良い主人がそばを運んできた。

ひとくち、ダシをすする。

塩味が尖っていて、魚系のダシが感じられない。???

こんな汁は、初めてかも。美味しくない。

つぎは、そばを食べる。

コシが無く、つなぎが多そうな感じのそば。

「エッ、これってもしかして袋麺」と思っちゃうくらい。

どん兵衛のほうが、ぜんぜん美味しい。

妻に小声で感想を聞くと、ふつうに美味しいわよと言う。

妻はそばには、こだわりが無いそうだ。

ボクは、自分でそばを打つほどのそば好きなんで、専門店には大きな期待をしてしまう。

ふぅー、よくこれで営業を続けて行けるな。

おせっかいだけど、心配してしまう。

やる気が無いわけではなさそうなんだけど、味がマズイ。

雰囲気の良い店なのに、すごくもったいない気がする。

そばのダシの味なんか、簡単に旨くできるのに。

もったいないなー。

-飲食

Copyright© 天然はちみつの蜂人舎 , 2020 All Rights Reserved.