雑記

浜辺で犬の散歩、コロナで海辺の駐車場閉鎖

小学校の休校が続いている。

3月2日からだから、もう50日以上になる。

長い長いと思っていた夏休みでさえ40日間なのだから、今回の休校はもうすでにそれを超えている。

学校が休みなのは仕方ない。

けれど、致命的なのが外出禁止で、さらに友だちと遊ぶことも禁じられている点だ。

友だちと遊べない長期休暇は、ボクの50年以上の人生経験で初めてのことでもあるし、子どもたちにとっても同様である。

だから、子どもたちは家にいることになる。

ずっと家にいると運動不足になるから、せめてもと家の周りで体を動かすようにしている。

先日は午前中で仕事を終わらせ、午後は娘と遊ぶことにした。

砂浜で犬と散歩

娘と一緒に犬を連れて、海へ散歩に行った。

空と海は青く、風も弱く、とても気持ちが良い。

海を見ると、サーファーが2,3人いる。

砂浜には誰もいなかったので、犬のリードを外し、5mくらいのビニールヒモを代わりに付けて、自由にしてあげた。

ビニールの長いヒモを付けておくと、犬を捕まえやすいし、軽いので犬の負担にもならない。

喜びを全身にあらわして砂浜をかけまわる姿を見て、ボクはうれしくなった。

そして、ボクらは砂浜を走り回って、砂だらけになって遊んだ。

コロナで駐車場閉鎖

砂浜から駐車場のほうへ来てみると、車が停められないようにされていた。

「マリンスポーツ・サーフィン等を目的とした来訪の自粛要請」という看板を、役人がちょうど立てているところだった。

「来訪を禁止って、市外から海に来ることを禁止なのだろうか?」

「地元のひとも海に来ることは、来訪になるのだろうか?」

そんな疑問を看板を立てている役人に聞いてみたかったが、辞めた。

それは、自分で判断しよう。

ボクにとってサーフィンすることは、生活の一部だ。

特別なことではない。

そう、ウオーキングや散歩をするのと同じことなのだ。

さて、どうしようか。

-雑記

Copyright© 天然はちみつの蜂人舎 , 2020 All Rights Reserved.