日本ミツバチ

キンリョウヘンを設置、鹿肉ソーセージを食べる

日本ミツバチの待ち箱は、3月後半から山の蜂場のはじに置いているが、まだ入居はない。

この場所は、だいたい隔年で日本ミツバチが入っている良い場所なのだ。

待ち箱の前にキンリョウヘンを設置

日本ミツバチ、キンリョウヘン

本日、待ち箱の巣門前にキンリョウヘンを設置した。

キンリョウヘン

花のつぼみが今にも開きそう。

去年は、花芽が出てこなかった。

ほんとうは、日本ミツバチの分蜂が始まる4月あたまくらいに開花して欲しいところ。

開花の時期をコントロールするには、温室が必要なのかもしれない。

温室も欲しいなぁ。

鹿肉ソーセージを食べる

鹿肉ソーセージ

妻が、友だちから鹿肉ソーセージをもらってきた。

直径5cmくらいある極太の自家製ソーセージで、すごい存在感がある。

早速、フライパンでじっくり焼いて夕食時に食べたみた。

付け合せは、北海道から取り寄せたアスパラガス。

こちらもソーセージに負けないくらい極太。
市販されているものの4倍くらいの太さがある。

さてさて、鹿肉ソーセージをひとくち食べると、口の中にジュワァーと肉汁が出て、なんとも言えない旨味が口の中に広がる。

ジューシーで味が濃厚で、「鹿肉って臭いのかな」と思っていたが、臭みはほとんど無い。

ソーセージに入れたというユズも、いい仕事をしている。

やっぱり、原価を考えないで、旨さだけを追求したものはたまらない。

こういうのは、なかなか店では買えないんだよなぁ。

 

-日本ミツバチ

Copyright© 天然はちみつの蜂人舎 , 2020 All Rights Reserved.