雑記

歯医者へ行く、ウミガメを発見

今日、午前中に歯医者へ行った。

前回神経を抜いた歯の処置を先生がはじめると、「うーん、まいったな、うまく抜けないな」と何度も言う。

すると「あらあら、わあわあ」と横にいる歯科助手が口の中をのぞきながら変な声を出した。

「オイオイ、大丈夫なのかオレ」とちょっと不安になったが、どうすることもできないので、先生と助手の夫婦漫才のような会話を聞きながら、じっと耐えていたのであった。

幸いなことは、痛みがないということ。

20年来通っていた歯医者を変更して、いまはココへ通っている。

理由は、移住者仲間の評判が良いということ。

でも、ここの先生と助手はおしゃべり好きなので、治療をしながらよくしゃべる。

緊張をほぐすのが目的なのかどうか知らないが、「あらあら、わあわあ」はカンベンしてほしいな。

ということで、これからは定期的に歯医者に通って、歯を大事にしようと今更ながら思う。

ウミガメを発見

夕方、みるくと海辺を散歩。

リードを外してあげると、嬉々として砂浜を走っていく。
その姿を見ると、いつもボクもうれしくなる。

しばらくすると、50m先くらい先の波打ち際に打ち上げられた大きなものを発見。

大きな木かなと思って近づいてみると、それはウミガメの死体であった。

1mを超える大きさで、まだみずみずしさが残る感じで、打ち上げられたばかりみたいだった。

大きな波が来ると、ゴロゴロと転がり、甲羅を見せたり、お腹を見せたりした。

甲羅とお腹には、フジツボを大きくしたような貝が4個、ぴったりとバッジのようにくっついている。

このあたりは、ウミガメが産卵にくるので、たまに死体を見かけるが、こんなにフレッシュなものは初めて見た。

-雑記

Copyright© 天然はちみつの蜂人舎 , 2021 All Rights Reserved.